ふるさとの魅力を、まるみえに
  • お礼の品から探す
  • 自治体から探す
  • 使い道から探す

ふるさと納税サイト「ふるまる」 FURUSATO MARUMIE

ふるさとの魅力を、まるみえに!
ふるさと納税サイト

 

控除額シミュレーションページ

自己負担2,000円で寄附できる上限金額はいくら?

ふるさと納税で控除される金額は、年収や家族構成、お住まいの地域などによって異なります。
最低自己負担金を2,000円に抑えて寄附できる上限額を計算してみましょう。

※算出された金額はあくまでも目安です。
  • ※1 「共働き」は、ふるさと納税を行う方本人が、配偶者(特別)控除の適用を受けていないケースを指します。
    (配偶者の給与収入が141万円以上の場合)
  • ※2 「夫婦」は、ふるさと納税を行う方の配偶者に収入がないケースを指します。
    (ふるさと納税を行う方本人が配偶者控除を受けている場合)
  • ※3 「高校生」は「16歳から18歳の扶養親族」を、「大学生」は「19歳から22歳の特定扶養親族」を指します。
  • ※4 中学生以下の子供は(控除額に影響がないため)、計算に入れる必要はありません。
    例えば、「夫婦子1人(小学生)」は、「夫婦」と同額になります。また、「夫婦子2人(高校生と中学生)」は、「夫婦子1人(高校生)」と同額になります。

ふるまるメンバー登録するとシミュレーションした控除金額が保存できます!
保存しておくと、寄附お申し込み時に、自分がどれだけ寄附しているかチェックできます。

メンバー登録はこちら

控除額の計算について、詳しくは総務省のサイトをご確認ください。

ページの先頭へ