ふるさと納税のガバメントクラウドファンディング(GCF)サイト ふるまる

ふるさと納税で
夢をチカラに感謝をカタチに

冬を彩る灯りの祭典「ルクシアタふくやま2018」を日本中が注目するイルミネーションイベントに ! ふるさと納税クラウドファンディング(GCF)

[広島県福山市]のふるさと納税クラウドファンディング(GCF)冬を彩る灯りの祭典「ルクシアタふくやま2018」を日本中が注目するイルミネーションイベントに !

期間 2018/11/20~2018/12/25

支援額 150,000円(目標額 7,000,000円)

支援者数 5

2%

お気に入り

ふるさと納税ガバメントクラウドファンディング(GCF)プロジェクト詳細

ふるさと納税ガバメントクラウドファンディング(GCF)プロジェクト詳細

福山市では、JR福山駅前や駅前大通り、ふくやま美術館前広場、中央公園等でイルミネーションを中心とする灯りのイベントを実施し,市内中心部を盛り上げています。今年で7回目の開催となるルクシアタふくやま2018では、さらに規模を拡大し、福山市の冬の一大イルミネーションイベントとして大きく成長させていきたいという思いがあります。

市内外からルクシアタふくやまにわざわざ行きたくなるような福山ならではのイルミネーションイベントを実施し、県内有数のイルミネーションとして認知される事業にまで発展させることで、福山市の知名度とブランド力向上につなげていきたいと考えています。皆様のご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。



【主催者からのご挨拶】

本市は広島県東部に位置し、面積約518平方キロメートル、人口約47万人を擁する中核市であります。市内中心部には築城400年を迎える福山城一帯の文化ゾーン、また、沿岸部には日本遺産の認定を受けた鞆の浦など、多様な観光資源に恵まれております。

さて現在、本市においては、福山駅周辺の中心市街地に再び賑わいと活力を生み出し、多くの人が集い、交流できる場所にするべく、様々な事業を行っております。このイルミネーションイベント「ルクシアタふくやま」も灯りを通して、冬の福山に彩りを与え、中心市街地がより一層魅力的な空間になるよう取り組んでまいります。
将来的には,広島県内有数のイルミネーションイベントに成長させたいと考えております。
ぜひ皆様のお力添えにより、福山の新たな人気イルミネーションイベントとなるよう、よろしくお願いいたします。



【寄附金の使途】
イルミネーション装飾費用及びイベント運営費として使用します。
・福山駅前へ高さ約7mのアップサイクルクリスマスツリーを電飾するための費用
・ふくやま美術館前広場へバルーンアートイルミネーションを設置するための費用
・多くの人が集えるクリスマスマーケットを開催するための費用


福山城築城400年を控え、観光資源に恵まれた福山市。
その一方、中心市街地の活性化や豪雨災害からの復興といった課題も抱えています。



2022年に福山城築城400年という節目を迎える広島県福山市。近年では県内屈指の景勝地・鞆の浦を中心に国内外から多くの観光客の方々に訪れていただいています。
その一方、都会への人口集中が進み、地方創生が叫ばれている昨今。福山市としても福山駅前の再生に向けて取り組んでいます。中核市である福山市からさらに活力ある地域を築き、多くの人が集える場所となるよう、様々な事業に取り組んでいます。
特に、2018年は大きな試練が訪れた年となりました。記憶にも新しい「平成30年7月豪雨」では、広島県内でも多くの被害が発生しました。復興も中途段階にあります。



復興と活性化の願いを込めて。
イルミネーションイベント「ルクシアタ ふくやま」のさらなる発展をめざします。




ルクシアタふくやま開催期間
月日:2018年12月1日(土)~25日(火)
時間:17:00~22:00


メインイベント
月日:2018年12月22日(土)・23日(日)
日時:15:00~21:00(予定)

福山駅前や中央公園を舞台とした、福山を代表するイルミネーションイベント「ルクシアタ ふくやま」は、福山駅周辺の中心市街地に再び賑わいと活力を生み出し、多くの人が集い、交流できる場所にするべく企画されました。2018年で7回目となるこのイベントは、年を追うごとに盛り上がり、県内外からの認知も進んできました。2018年は、 2022年の築城400年に向け、文化ゾーンと名付けられる福山城周辺一帯(ふくやま美術館や博物館、文学館などが存在)を対象エリアに拡大します。
豪雨からの復興に向けて地域が一丸となって取り組んでいる最中、本イルミネーションを通じて、多くの方々に安らぎと元気を与えられるイベントになれば…との願いを込めています。


2018年のイルミネーションイベント
「ルクシアタ ふくやま」会場(予定)





さらなる進化のためには、資材面の確保が大きな課題に。
立地条件も踏まえると、照度にも工夫が必要です。



これまでの「ルクシアタふくやま」では、2016年度まではペットボトルにキャンドルを入れ,灯りの地上絵を描くなどの灯りのイベントをメインに実施してきました。
そして2017年度からLEDイルミネーションを中心とした灯りへとシフト。現状は、LEDイルミネーションへシフトしたばかりでもあるため、イルミネーション資材や球数は他のイベントと比較するとまだまだ不足しています。インパクトある魅力的なイルミネーションをめざすには時間と費用を要するというのが現状です。
加えて、福山駅は夜の時間帯でも比較的明るいため、イルミネーションを施すには、それ以上の明るさを集中させるなど工夫も必要になってきます。


ルクシアタふくやま2018をご紹介 ! (1)福山駅前「アップサイクルツリー」


▲2018年イルミネーションイメージパース (1)

ルクシアタふくやま2018のテーマは「Dream Factory〜光と夢・冬の祭典」。
福山駅前では、2017年のアップサイクルツリーをバージョンアップ! 廃材をさらに活用し、高さ7m のビッグ ツリーで駅前を象徴的に飾ります。
これはクラフトマンシップという地元のボランティアグループで製作しています。
(地元の塗装職人やとび職人で構成する)
クラフトマンシップのメンバーは多くの子供たちに夢や希望を感じてもらいたいという想いで,仕事の合間をぬって,約1か月半をかけて土台を製作します。

※高さ約7mのツリーを製作するため、足場を組んで土台づくりを無償のボランティで行ってくれています。



ルクシアタふくやま2018をご紹介 ! (2) 福山駅前「コンテナイルミネーション」


▲2018年イルミネーションイメージパース (2)
昨年に引き続き、遊具で全国的に有名な地元企業タカオ株式会社によるコンテナを活用したイルミネーションオブジェを設置します。
企画から施工、設置、電気工事など全て一貫生産の会社だからこそ可能な技術力とチームワークで昨年にも増して今年はさらにパワーアップしたオブジェが完成します。
子どもたちへ夢を紡いで欲しいとの願いから、全て無償で協力していただいています。

▲2018年設置の様子


ルクシアタふくやま2018ご紹介 ! (3)福山駅前大通り「駅前大通りイルミネーション」


▲2018年イルミネーションイメージパース (3)
企業の協賛・協力により、福山駅前大通り沿道にある樹木のイルミネーションで装飾します。



ルクシアタふくやま2018をご紹介 ! (4) ふくやま美術館前広場「バルーンアート」


▲2018年イルミネーションイメージパース (4)
明日の子どもたちへアートを伝えていく”バルーンアート。ヨーロッパでは日常的に子どもたちが美術館で絵画を見て教わり、デッサンをしている風景があります。福山でもそんな風に子どもたちに「アート」を伝えていきたい。アート× 光のナイトミュージアムで文化ゾーンを演出します。 アドバルーンを用いて備後のクリエーターやアーティスト,グラフィックデザイナーなどに描いてもらいます。バルーン内側から光を照射することで絵が浮かびあがります。

また、バルーンの周辺には福山ブランド認定の地元企業㈱MIYUKIの協力で,星空に見立てたビーズを散りばめ、まるで夜空に浮かんでいるような作品が出来上がります。

 福山ブランド<<<詳しくはこちら>>>



ルクシアタふくやま2018をご紹介 ! (5)
中央公園「クリスマスマーケット」



▲2018年イルミネーションイメージパース (5)

クリスマスマーケット!
健康的で、健全な、豊かな暮らし、本当に欲しいもの、食べたいもの、そんな思考を共有しながら、子どもたちのために、明日の福山を一緒に考えていける人が集まっていただけるようなイベントにしていきたい。世代や年齢を問わない” マインド” で。会場演出は、大型テントを遊休スペースとして周りに出店テントを配置する。入り口は、イルミネーションによる光のカーテンで演出します。

▲2017年のイルミネーション風景



ルクシアタふくやま2018をご紹介 ! (6) ペットボトルキャンドル約1,400個を沿道に設置


▲2016年風景
将来の夢や希望、クリスマスメッセージなどを記載したペットボトルキャンドルを
福山駅北側から福山駅前大通り周辺の沿道へ約1,400個設置します。

設置をするのは、地元中学生から大学生のボランティアの皆さん、まちづくり団体の皆さんです。

▲2016年ボランティア風景


「ルクシアタふくやま」を冬の福山の名物(一大イベント)に育てて、いっそう福山を盛り上げていきたい!


▲木材の端材とデニムの耳を利用したアップサイクルツリー。
2017年のイルミネーション風景

春のばら祭、夏の夏まつり、秋の福山菊花展覧会、冬のルクシアタふくやまを四季を通じて福山市に賑わいを生み出せるイベントにするというビジョン実現のため、さらなる企画面・設備面のパワーアップが必要です。
冬の閑散期に、福山市は綺麗で楽しいイルミネーションイベントを実施しているという評価を多くの方からいただけるよう、認知度向上に努めていくとともに、評価に見合ったイルミネーションを市内中心部に施せるよう、規模拡大を図っていきます。
また,広島県内有数のイルミネーションとなり、遠くからでも訪れたくなるような福山市ならではの魅力を織り交ぜながら実施していくことをめざしていきます。



このプロジェクトの問い合わせ先
福山市経済環境局
文化観光振興部 観光課(平日 08:30~17:00)
TEL:084-928-1043
FAX:084-928-1736
E-mail:matsuri7@fukuyama-matsuri.jp


ふるさと納税に関する問い合わせ先
福山市 市長公室 情報発信課(平日 08:30~17:00)
TEL: 084-928-1135
FAX: 084-931-2056
E-mail:brand@city.fukuyama.hiroshima.jp



【寄附者の皆さまへ】
お礼の品について、寄附をいただいた皆さまにお礼の品を用意しております。
・このサイトではお礼の品が申込みできません。
まず、サイト上の「お礼の品は選択せずに寄附をする」を選んで寄附を申し込んでください。
申込み完了後、お礼の品を福山市観光課までE-mailもしくはFAXで申し込んでください。
受付後、観光課よりご連絡いたします。



【返礼品の申込み先、問い合わせ先】
福山市経済環境局文化観光振興部観光課

E-mail:matsuri7@fukuyama-matsuri.jp   
TEL:084-928-1043
FAX:084-928-1736
・送付時期:2019年2月下旬までにお送り致します。(ペットボトルキャンドルメッセージは除く)



寄附額:2千円
お礼の品:福山駅北側から駅前大通りまでの歩道に設置するペットボトルキャンドルへのメッセージ掲出1つ
(大切な人へのクリスマスメッセージや将来の夢などを記したキャンドルを設置します)
12月22日・23日17:00~21:00まで点灯・展示します。

▲2016年の様子


寄附額:3千円
お礼の品:福山市立動物園オリジナルデザイン缶バッジと市内で活動するアーティストによる、ルクシアタふくやまオリジナルサンクスポストカード1枚。
※オリジナルデザイン缶バッジの種類は選べません。


寄附額:5千円
お礼の品:福山市立動物園オリジナルデザインハンカチ(20cm×20cm)と市内で活動するアーティストによる、ルクシアタふくやまオリジナルサンクスポストカード1枚。
※オリジナルデザインハンカチの種類は選べません。


寄附額:7千円
お礼の品:福山産デニムコースター2枚セットと市内で活動するアーティストによる、ルクシアタふくやまオリジナルサンクスポストカード1枚。


寄附額:7千円
お礼の品:福山産デニム小物入れ(直径9cm)1つと市内で活動するアーティストによる、ルクシアタふくやまオリジナルサンクスポストカード1枚。

福山はデニムの産地です。
備中備後ジャパンデニムプロジェクト
<<<詳しくはこちらへ>>>



寄附額:1万円
お礼の品:福山レザー(福山ゆかりの染料(天然藍)で染めた革製品)と市内で活動するアーティストによる、ルクシアタふくやまオリジナルサンクスポストカード1枚。
※商品は千円札を折りたたんで入れる革製品(約5.5cm×5cm)



 福山レザー<<<詳しくはこちらへ>>>



返礼品を送るまでの手順
返礼品の申込みは、寄附手続きが完了後、福山市観光課までE-mailもしくはFAXで申し込んでください。

① ペットボトルキャンドルのメッセージ掲出以外の返礼品の場合 
・福山市観光課から「ゆうパック」で送付いたします。

② ペットボトルキャンドルのメッセージ掲出の場合
・12月22日(土)・23日(日)の二日間のみ実施しますので、12月17日(月)までの申込みとなります。
・12月17日(月)までに、メッセージと名前を福山市観光課までE-mailでお送りください。
※福山市観光課で規定の用紙B4サイズにメッセージと名前を記載したペットボトルを設置します。
設置した場所と内容をE-mailで寄附者さまにお知らせします。
※なお、メッセージ付きペットボトルキャンドルが不要な方は電話もしくはE-mailでお申し出ください。



注意事項 1.目標金額に到達しなくても、集まった金額内で団体が事業を行うため、返金はされません。

プロジェクトに関する問合せ先
福山市経済環境局
文化観光振興部 観光課
TEL:084-928-1043
FAX:084-928-1736
E-mail:matsuri7@fukuyama-matsuri.jp

ふるさと納税に関する問い合わせ先
福山市 市長公室 情報発信課
TEL: 084-928-1135
FAX: 084-931-2056
E-mail:brand@city.fukuyama.hiroshima.jp



瀬戸内の温暖な気候が魅力の福山市


福山市は、温暖で自然災害も少なく、全国有数の晴れの日が多い地域。
四季折々の美しさを見せる自然があり、海、山、川から得られる恵みも豊富。
沿岸部は、瀬戸内海国立公園の指定を受けており、その自然的資源が高く評価されている。

瀬戸内の中央に位置していることから、いにしえの時代から交通の要所として栄えた。潮待ち・風待ちの港「鞆の浦」、西国街道の宿場町「神辺」など、陸路・海路の要だった。

現在でも山陽新幹線「のぞみ号」や九州新幹線「さくら号」の停車、市を横断する「山陽自動車道」や、国内10か所の国際バルク戦略港湾の1つである「福山港」、原木(げんぼく)の取扱量全国2位の「松永港」、そして、広島空港・岡山空港にも近接しているなど、陸・海・空の交通アクセスに優れている。

歴史的に見ても、鞆の浦は、万葉の時代から潮待ちの港として栄え、多くの武人、文人、墨客(ぼっかく)などが交わり、先進的な文化を形成する交易都市として発展した。幕末に起きた「いろは丸事件」で坂本龍馬が紀州藩と交渉するなど、歴史の舞台でもある。



交通アクセス



新幹線で 
○東京から約3時間40分
○名古屋から約2時間
○京都から約1時間20分
○新大阪から約1時間
○広島から約30分
○博多から約1時間30分


高速道路で
○山陽自動車道 
・岡山I.C.から福山東I.C.まで約50分
・広島I.C.から福山西I.C.まで約1時間
・坂出I.C.(瀬戸大橋経由)から福山東I.C.まで約1時間 
○中国自動車道 
・東城I.C.から約1時間


飛行機で
○広島空港 
・リムジンバスで約60分
・車で約50分




 

[冬を彩る灯りの祭典「ルクシアタふくやま2018」を日本中が注目するイルミネーションイベントに !] 活動報告

[冬を彩る灯りの祭典「ルクシアタふくやま2018」を日本中が注目するイルミネーションイベントに !] 活動報告

もっと見る

ふるさと納税ガバメントクラウドファンディング(GCF) 「[冬を彩る灯りの祭典「ルクシアタふくやま2018」を日本中が注目するイルミネーションイベントに !] 」への支援メッセージ

ふるさと納税ガバメントクラウドファンディング(GCF) 「[冬を彩る灯りの祭典「ルクシアタふくやま2018」を日本中が注目するイルミネーションイベントに !] 」への支援メッセージ

2018.12.18
福山駅前の賑わいを期待しています

2018.12.12
スタッフの皆さん、あまり無理せず頑張ってください。

2018.12.12
盛り上がろう!福山

2018.11.27
上質なイルミネーションが施された福山駅前中心部が楽しみです。