厳しい自然環境から生まれる四季
緑と水の郷、只見

只見町は四方を緑の山々に囲まれ、福島県の西南にあり、西南部は新潟県に接しています。 面積の94%を占める豊かな森林資源に恵まれ。わが国屈指の豪雪地帯という厳しい自然環境から生まれる四季の美しい移り変わりが、緑と水の郷・只見の源となっております。
また、戦後には只見川を利用した電源開発事業が大々的に取り組まれ、一大電源地帯として脚光を浴びるという歴史を持ち、さらに古く江戸時代には南山御蔵入と呼ばれる幕府直轄の地に編入されていました。

寄附金の使い道

特産品

日本一の多雪地帯として知られ、ユネスコエコパークに登録された自然豊かな只見町で作られたおいしいコシヒカリです。玄米の粒厚が1.9mm以上、玄米色彩選別済みのこだわりの一等米を精米し、皆さまにお届けいたします。「自然首都・只見」で栽培された只見町のコシヒカリをぜひご賞味ください。

美味しさで評判の南郷トマト!その南郷トマトの収穫期の中でも、糖度が最も高まる9~10月に収穫したトマトのみを使用した、無塩、無添加のジュースです。濃縮・還元をしていない自然の甘みは、想像を超える美味しさです。ぎゅっと凝縮した南会津の自然の恵みを是非味わってください。

自治体から探すへ戻る
ページの先頭へ